コンテンツへスキップ
製品概要

製品概要

コロナウイルス対策商品

スーパーバイオクリーン

コロナウイルス対策商品「スーパーバイオクリーン」の開発コンセプト

1. 室内空間に浮遊する菌、構造物や設備に附着した病原菌を滅菌する事で、人の病気感染リスクを回避する事を目的とする。

2. 紫外線UV-C波とオゾンO3 は、病原体に及ぼすそれぞれの特徴的な無害化方法を組み合わせる事によって、短時間で最大の除菌効果を引き出す。

  1. 紫外線UV-C波は、病原体の核のDNAを破壊する事によって、自己増殖の阻止を目的とし、特にウイルスの不活性化に著しく効果を発揮する。
  2. オゾンO3 は、不安定な活性酸素Oの強い酸化力によって、病原体そのものを死滅させる。特に細菌(バクテリア)及び真菌(カビ)の殺菌に、著しく効果を発揮する。
  3. 人に優しい装置やシステムは、病原体にとっても優しく、効果が期待出来ない。いかに、人に対しての安全安心を優先し、効果を発揮するか。

3. 人体や環境に対する影響と対策

  1. 紫外線UV-C波(波長 254nm)は、地球上では成層圏のオゾン層で大部分がブロックされ、ほとんど存在しない紫外線であり、皮膚癌を発症する等危険な可視光です。従って本装置では、直視出来ない様ケーシング内に設置し、光源遮蔽しています。
  2. 紫外線オゾンO3 (波長185nm)によって作られた、活性酸素の強い酸化作用は、空気中のオゾンO3 濃度によって、人の他、動物や病原体に多大な影響を及ぼします。又、空気中の水分や他の物質と反応し、脱臭、脱色、材質の機能劣化が発生する事もあり、目的に合致した濃度管理には、充分注意が必要です。 従って、本装置では、設置した面積に対して必要な時間を、タイマー制御にて自動運転で行います。(緊急時にはオゾン濃度を10~20分程度で0ppmに降下させる事も可能)
  3. 環境への影響  UV-C波、紫外線オゾンO3 共、気化水銀を充填した石英ガラスランプ中に放電された電子によって作られた紫外線、その波長をスクリーニングして目的に合わせ取り出したものであり、大気に放出されると、太陽光下で無害化します。(但し、大気中にて電極への高電圧放電によって作られた放電オゾンは、太陽光下で分解に長時間必要になる為、別途オゾン除去装置が必要となる場合もあります。)
  4. 低圧水銀ランプ使用の歴史  当社では、2006年(平成18年)頃から紫外線ランプ(185nm、254nm)を使用した装置を開発、実用化しています。

    ① 工場廃水中の難分解性有機物の分解除去装置、光反応装置。
    ② 食品製造工場向けの工場内空間除菌装置、外部から侵入害虫(ゴキブリ,ネズミ)等の侵入防止装置
    ③ 名水等汲み上げ場UV殺菌、浴場施設レジオネラ菌対策装置
    ④ ナマコ産卵 陸上養殖事業に於ける海水無菌化装置

清潔さを大切にしたい場所に最適です。

密集する室内空間に存在する、浮遊細菌・落下細菌やウイルスを不活性化させ、除菌、滅菌を目的とする紫外線(UV-C)と、細菌や真菌(カビ)等殺菌。有害動物(ネズミ)、害虫(ゴキブリ、アリ)等の駆除を目的とするオゾンを組み合わせた装置です。【現在「SBC110-Ⅲ」タイプのみ販売しておりま す】

運用業種

医療、福祉関係、食品加工業、飲食業、宿泊施設、カラオケ(ボックス)、小売り店(販売業)、金融機関、スポーツジム、劇場、冠婚葬祭業、教育関連施設、学校、公民館、寺院

知らずに効果がでる、5つのメリット

  1. 全自動24時間運転ができます。
    プログラムタイマーにより昼間はオゾンレスランプによる空気殺菌、夜間はオゾンランプに切り替わり殺菌、脱臭を行います。人体への影響を配慮した全自動運転可能な装置です。
  2. 悪臭の分解・脱臭をします。
    オゾンは無色有臭のガスで極めて反応性に富む強力な酸化剤です。オゾンの酸化力で悪臭成分を分解し快適な室内空間を作ります。
  3. 内臓ファンによる強制循環。
    ファンにより内臓空気を強制循環させムラのない効率的な殺菌、脱臭を行います。
  4. 害虫・有害動物をシャットアウト。
    ゴキブリ、ネズミなどの害虫、有害動物は、人のいない夜間、休日に出没し、細菌類をまき散らします。これらの小動物は、人間より敏感にオゾンの危険を察知し姿を見せなくなります。
  5. 抜群の安全性と経済性に優れています。
    オゾンは薬剤と異なり残留毒性はなく、自然分解されます。UV式オゾン発生法により有害なNOxの発生もなく極めて安全性の高い装置です。さらに長寿命UVランプ(低圧水銀ランプ)の採用により大変経済的です。

スーパーバイオクリーン

TO PAGE TOP